location

※講師名をクリックすると各講師のプロフィールへ移動します。

美流-BIRYU-レッスン

美流-BIRYU-体操・エクササイズ・トレーニング・ブートキャンプ担当

根本 英代

能野 紗也加

美流-BIRYU-体操・美流-BIRYU-D/C・キッズ・プライベートレッスン担当

森 まどか

美流-BIRYU-B/A ・ プライベートレッスン担当

安藤 万里子

安藤万里子

プロフィール

安藤万里子

東京都出身。
6歳からクラシックバレエを始め、
バレエスタジオHORIUCHI(旧称:ユニークバレエシアター)にて林かおりに師事。

16歳から同バレエ団の公演に参加。
この頃からジャズ・モダンダンスなどの様々なジャンルのダンスに触れる。

高校卒業後に単身渡米、ニューヨーク州立大学芸術学部舞踊科に入学。
同大学在籍中にオーディションに合格し、
ダンサーとしてカンパニーに在籍しプロデビュー。
大学では特別奨学金を得て仕事と学業を両立する。

優秀な成績の称号(カム・ラウド)を得て同大学を卒業すると同時に、
学部の推薦で学長からパフォーマンス賞を受賞。
NYの数々のダンスカンパニーにて舞台経験を重ねる。

1年間で全米の女性刑務所、少年・少女院を回るダンスプロジェクトに参加し、
ダンスセラピーを通して受刑者の心とカラダを癒すという、
貴重な経験をした日本人でもある。

奨学金を得て渡蘭した後、国の支援でオランダ国内ツアーに参加。
ヨーロッパ各地を周りながら様々な舞踊を研究し、造詣を深める。

中学2年で発症した腰椎椎間板ヘルニア改善の為、
当時日本で知られていなかった、ヨガやピラティスに代表される
《ボディ・コンディショニング》分野の数々を学び実践する傍ら、
6年間の海外在住中にあらゆる治療法や改善法を試す。

この頃までには3ケタに及ぶ治療師・セラピストと出会い、
治療やセッションを受けてきたが、根本的な改善には至らず、
2005年、リハーサル中の怪我をきっかけに
腰の痛み・しびれが限界をむかえ、歩行不能となり現役を一時引退し帰国。
医師に「車椅子なしでは生活できないレベルまで達した腰椎椎間板ヘルニア」と診断される。

家を這って進み、食べて寝ること以外はできない日々を過ごすが、
様々なプロフェッショナルとの出会いにより
根本からのカラダ改善が可能な独自の美流-BIRYU-メソッドを開発。

これを元にリハビリを続けることで、数年後には
・手術をせずに全快
・舞台復帰後も慢性痛は一切なし
という奇跡的な結果をもたらす。

的確でわかりやすいと定評のある、熱心な指導法と
自らの身体を実験台にして編み出した
日本発・世界初の『超実践的』な身体アプローチ「美流-BIRYU-」を武器に、
今までのカラダの常識を覆す目からウロコのクラス内容が
あらゆるジャンルのプロフェッショナルから好評を得ている。

◆バレエスクール・ダンスカンパニーのゲスト講師

◆オペラ・ダンス・バレエ・ミュージカル・ファッションショー作品や映像メディアの振付・演出

◆ウィリアム=フォーサイス率いる「フォーサイスカンパニー」をはじめとした数々の海外の有名バレエ団・ダンスカンパニーでのワークショップ随行通訳及びアシスタント等を務め、

当スタジオ主宰の肩書に留まらず、
 《美流-BIRYU-開発者》
 《ダンサー》
 《指導者》
 《振付師》
 《通訳者》
の顔を持ち、国内外にて活躍の場を広げている。


講師経歴

「ひたちの森カルチャーセンター」主任講師
「ウェルタス銀座クリニック」講師
「ゴールドジム」バレエインストラクター
「Ballet Studio MBL」日本橋教室 主任教師
「アンシャンテ・原宿・バレエ&ダンス」メイン講師
「アンテクニック・ビューティーストレッチ」代表
「西麻布サロン」主宰

上記を経て現在、当スタジオ主宰を務める。

森まどか

プロフィール

森まどか

愛知県出身。

10歳より8年間新体操の世界で活躍。

東京コミュニケーションアート専門学校ダンス科でバレエ、コンテンポラリーダンス、ジャズダンス、タップダンスを学び、卒業後は同専門学校にて講師を務める。

クラシックバレエを柳瀬真澄に師事。同氏が芸術監督を務めるバレエスクールにて子供から大人までのバレエクラスを担当する。

現在は能美健志率いる「ダンステアトロ21」のカンパニーメンバーとして活動の傍ら、 二子玉川東急プラザBE(旧渋谷東急プラザBE)、渋谷区内の施設にて、3歳から小学校6年生までを対象に新体操のレッスンを開催している。

ジャンルに囚われず、分かりやすく丁寧な指導が各方面で支持を集めている。


講師経歴

2019年12月

美流-BIRYU-®︎インストラクター認定試験合格

2013年9月~現在

西麻布サロン(現スタジオ・マリィアンヌ)にて

◆ストレッチ&カラダ講座 初級クラス(現:美流-BIRYU-レベルD/Cクラス)

◆子供のための美流-BIRYU-講座(現:美流-BIRYU-キッズ)講師に就任

2012年4月~現在

マリィアンヌ・バレエ・インスティテュート アカデミックコース主任講師に就任

美流-BIRYU-をベースとした

◆バレエクラス(現:オプションクラス)を担当する

2011年7月

アンテクニック初級講師認定試験合格

マリィアンヌ・バレエ・インスティテュート 幼児クラス講師に就任


メッセージ

私は現在も現役のダンサーとして舞台に立っているのですが、美流-BIRYU-に出会う前は間違った頑張り方をずっと続けていました。

腰を痛め3回ほど歩けなくなり、肉離れなどの怪我も何度となく経験しました。

頑張れば頑張るほど身体が壊れていき、どうしてこんなに努力をしているのに報われないのだろう…と心身ともに辛い日々を送っていた中美流-BIRYU-と出会いました。

最初は半信半疑ながらも、実践することで、これまで学んできたあらゆるストレッチやトレーニング、ボディコンディショニングでは得られなかった身体の劇的な変化を体験することとなりました。

美流-BIRYU-を学び始めてから4ヶ月で10㎏以上のダイエットにも成功し、現在は大きな怪我もなく、普段から抱える痛みもなく、舞台で自由に踊る事ができています。

以前の私のように、あらゆる治療を試し、あらゆるケアをしているのにも関わらず消えない痛みにより辛い思いをなさっている方々に美流-BIRYU-を伝えたいという強い思いがあり、講師養成プログラムの受講資格を頂いた後に認定を受け、2011年から講師を務めています。

皆様もぜひ、ご自身のカラダが発する声を聴き、楽しく向き合いながら、輝く毎日を過ごせる健康な身体を目指しましょう!

根本英代

プロフィール

hideyo+

天草生まれ横浜在住。

元テーラーの祖父と元オーナーシェフの母の影響でおしゃれと旨いものを探求することが好き。

    

本職は秘書。

経験した副業は、巫女・受付・ブライダルアテンダント。

好きな言葉は、一期一会。

長年生徒として美流-BIRYU-スタジオに通い体感してきた、気付きや変化、不調の改善を、

仕事・家事・育児に忙しい女性や

ストレスにさらされながら奮闘するサラリーマンの立場に寄り添い

伝えていきたい、と講師の資格を取得。

隔週水曜夜・金曜夜・日曜夜のクラスを担当。

    

今年1月より新設されたエクササイズのクラスでは、

BIRYU体操から進化したストレッチに加え、日常動作に即した6種類のエクササイズを行います。

歩き方のレッスンや、寝たきりにならないための全身を使ったレッスン、

四十肩を防ぐ腕の使い方や凝り固まった首~肩~背中を自分自身で緩めたり

股関節を柔らかくしたりするレッスン、

加齢に伴う尿失禁防止やヒップアップに効果的なレッスン等

内容の濃いプログラムで構成されています。

その他トレーニングやブートキャンプのレッスンにおいても、

柔軟性やレベルに関わらずご自身のモチベーションと目標に応じ受講頂けます。

    


講師経歴

2019年12月

美流-BIRYU-®︎トレーナー認定試験合格

2019年8月

美流-BIRYU-®︎インストラクター認定試験合格

2019年5月

美流-BIRYU-®︎座学講座中級修了

2019年2月

美流-BIRYU-®︎座学講座初級修了


生徒経歴

2016年10月

再開 (カラダに本気で向き合うことにスイッチが入り、この頃からカラダがめきめき改善する)

2015年3月-2016年9月

休会(親のケアや残業のため)

2011年5月

西麻布サロン(現スタジオ・マリィアンヌ)入会


その他資格

2018年11月

サービス接遇検定1級取得

2014年11月

秘書検定1級取得

2001年3月

中学校・高等学校第Ⅰ種教員免許(英語科)取得

図書館司書・司書教諭免許取得


メッセージ

美流-BIRYU-では「病気が治ります」や、「病気にかかりません」等と明言はしていませんが、

私においては右側の不調(足の付け根のつまった感じ、卵巣の大小2つの良性腫瘍、

過労から来る股関節の神経痛、生理痛、腰痛や反り腰)がいつの間にか解消されています。

    

変化の速度・順番・現れ方・部位は個人により様々ですが、

何となくあった不調や痛みへの向き合い方・対処法を知る事で、

一時的な回復にならず再発を繰り返さないカラダに変化しました。

    

一生の相棒であるカラダとの信頼関係を築いたら、

カラダは何歳になっても進化し続けると実感しています。

クライアントである70代の母親もこのスタジオに通いながら毎日元気に働いていますし

お酒を飲む機会が多く、ストレッチの機会の無い50代サラリーマンの夫も、

BIRYU体操を少しずつ日常に取り入れることで

ストレスや疲労・筋肉痛を翌日まで持ち越さないカラダに変化しています。

決して諦めずに、

毎日少しずつでも良いから、

カラダの声に耳をすまし、

カラダと対話してみませんか?

ご自身がご自身へ向き合うほどに、きっとカラダは応えてくれるはずです。

能野紗也加

プロフィール

sayaka+

千葉県出身。

7歳からジャズダンスを始め、12歳より、モダンバレエ、ヒップホップ、タップダンスも始める。

東京ダンス&アクターズ専門学校で、様々なジャンルのダンスを学び、アーティストのバックダンサー、ミュージカル、ダンスイベントなどに出演。

卒業後は、稲吉優流氏率いるダンスカンパニーRAKUDOに所属し、ダンス公演やイベント等に多数出演。

その他、劇団公演にダンサー出演するなど、舞台を中心に活動する。

今現在は、某大手フィットネスクラブにて、ダンスフィットネスクラスなどのインストラクターとしても活動している。

毎週月・火・水・土曜のクラスを担当。


講師経歴

2019年12月

美流-BIRYU-®︎トレーナー認定試験合格

2019年8月

美流-BIRYU-®︎インストラクター認定試験合格

2019年5月

美流-BIRYU-®︎座学講座中級修了

2019年2月

美流-BIRYU-®︎座学講座初級修了


メッセージ

私は幼少期にダンスを習い始め、ダンサーとして様々な舞台やイベントに出演していました。

ただ、子どもの頃から身体が硬く、ストレッチをしたり整体に通ったり色々なことを試してきました。

しかし、あまり変化がないまま身体を酷使してきたことで、腰を痛めたり怪我が多くなったりと身体の悩みは尽きませんでした。

3年ほど前に美流を始めてからは、

「自分の身体を深く知ること」

「意識的に身体を動かすこと」

の大切さを知り、美流を実践していくことによって感じられる身体の変化には、とても驚きました。

いくらストレッチをしても変わらなかった腰や背中はどんどん柔らかくなり、柔軟性が上がり、 慢性的に起こっていた頭痛や、むくみ、冷え性も改善され、更には身体のラインも別人のように変わりました。

身体への不安が解消されたことで、踊る時の集中力・身体の使い方が変わったおかげで疲労の度合いも減り、良い循環ができました。

これほどの大きな変化を感じたことは初めてで、自分の身体が良い方向に変わっていくことが喜びになり、気持ちも前向きに、更なる向上心も芽生えました。

このような私の実体験を踏まえ、ご自身の身体に向き合うこと、それにより身体や心が変化していく楽しさを、レッスンを通してお伝えしていければと思います。

美流-BIRYU-メソッドには様々なポーズや動作がありますが、「できる、できない」ではなく、必要なのは

「自分自身の感覚に意識を向けていくこと」です。

その為、普段あまり運動をしていない方、身体が硬いと感じている方、できるか不安だなと感じている方、どなたでも実践していただけます。

皆さんお一人お一人に寄り添いながら、身体の変化を共感し合い、ご自身にとって新しい発見があるようなレッスンを目指していきたいと思います。